住みやすい場所は不動産で見つける|理想の住まい探しのお手伝い

積み木

賃貸マンションの発展

婦人

政府の後押しで生まれた賃貸マンションの歴史

第二次世界大戦によって日本の大都市はもちろん、中都市ですら多くの家屋が空襲で失われました。戦後はその復興のために国民の様々な要望を満たすことが急務となります。特に復員兵の帰国もあって住宅不足は深刻であり、当時の政府は住宅政策を推し進めるための公共団体を復数設立するなど、住宅建設に力を入れ始めます。民間企業との協力もあって住宅の供給促進が早まり、その結果として分譲マンションや賃貸マンションが誕生することになります。特に分譲マンションは、その住宅の維持費用が安いため入居者の流動性が高いのが特徴で、高度経済成長期には多くの地方出身者の住宅の受け皿としても活躍します。このように賃貸マンションは戦後の経済復興から、現在に至るまで常に多くの人の住宅需要を満たしてきました。

ライフスタイルに合わせたマンション

住宅のリフォームにおけるリノベーションの流行を見ても分かるように、昨今の住宅に求められるものとして、それぞれの住む人のライフスタイルに合わせた住まいの実現があります。賃貸マンションでも同様で、個人のパーソナルな部分に着目したニーズに合わせた住戸が特に好まれる傾向があります。一例を挙げるとペット共生型賃貸マンションもその一つで、ペットを家族同然として一緒に暮らしたい、という人にとってペットと共生できる住戸は大きな魅力となっており、入居率の上昇といったデベロッパーやオーナーを喜ばせる流れも起きています。今後の賃貸マンションには、さらに各人のライフスタイルに合った住戸の提供が増加すると見られています。